ホームへ戻る

量子物理学で精神医学を考える。

自然現象は勿論の事、植物、動物、さらには人間といえども物質であることに変わりはない、とすれば人間の身体も脳も、化学で習う原子から出来ているわけであり、
人間の頭脳だけが特別な原子、つまり原子表に無い未発見の原子で出来ているとは考えにくい。

また,たましいというものが人間以外のどこかにもともと存在し、
われわれの誕生と同時に飛んできて体内のどこかに[おそらく脳]
巣くったという考えは、ではそれまではどこに居たかということになりおかしいが、
最近はアカシック・フィールドなんていう宇宙概念もあるから、精神の存在場所がどこかについては触れない事にしよう。

古典物理学の因果律を認める限りラプラスの悪魔を容認することになり、
人間といえども原子で構成されているわけであり、人間としての活動―
記憶、意思、欲望、決意、努力などといったものも結局は分子の形態,原子の配列、
電子の遊離状態[つまりイオンの]あるいはその移動[イオンによる微弱電流]
などで殆ど説明されることになるだろう。

現代物理学では、
あらゆる物質は原子より微小な素粒子の振動により構成されるとされる。
光子も電子も粒子であり、また波動である、ということになっている。
そこで、心というものが粒子より成り立つという仮想的立場で精神病を、
量子物理学的に考えてみるのもあながち的外ればかりとは言えないだろう。

確かに物理学は、自然界の諸現象を数式で表し、実験でそれが証明される、
あるいはその逆の相互関係があって成り立つが、精神医学は本来そのような
自然科学的なものではない。
今までの精神病理の諸説を見てもそうである。
ニュートンの運動方程式とマックスウエルの電磁方程式は自然現象の基盤である。
それにアインシュタインの相対論を加えて古典物理と言っていいだろう。

その理由は、「対岸を眺める」「測定できる」というニュートンの思想の基盤は
相対論にいたっても変わってはいないから。

量子物理学は、不確定性原理のハイゼルベルグの言葉、
「われわれの観測が相手との没交渉ではありえない」ということからも、
むしろ精神医学に向いているのではないかとさえ思う。

 

ログイン