ホームへ戻る

kanri

建設現場

工事のための工事「下高井戸調節池」建設―住宅地にダムを作る暴挙

神田川流域の洪水防止事業の一環として杉並区下高井戸にある杉並区運動公園(旧東京電力運動公園)の地下に調整貯水池を作る話が、いつの間にか杉並区と東京都の間で合意され、最近2回の住民説明会を経て着工されることになった。 工事 […]

②

空耳妄言32:安倍首相の二つの大罪

空耳のように聞流して良いが、誰かが囁いたほうが良いような話もある *日米外交で嵌った落とし穴―寝耳に水の米朝会談合意 平昌オリンピックで南北朝鮮が融和ムードになった時、韓国と米国は実はつるんでいるんではないかと、ここで懸 […]

①

空耳妄言31:平昌オリンピック、婚約延期騒動について

空耳のように聞き流してよいが、誰かが呟いたほうがいいような話もある *平昌オリンピックで思ったこと 韓国の平昌オリンピックは佳境を過ぎたようだが、日本勢は大活躍でいくつもの感動物語が生まれた。今回は、選手がひと一倍、真面 […]

①

空耳妄言30:平成の終わりに逝った人たち

空耳のように聞流して良いが、誰かが囁いたほうが良いような話もある *西部邁 あの独特な語り口の保守の論客として一目置かれていた西部邁が1月21日早朝、多摩川に入水自殺した。 60年安保闘争では東大全学連のリーダーであった […]

 

年頭雑感

毎年1月15,16日は世田谷のボロ市が立つ。昔の楽市楽座の名残とも言うが、現在は、骨董市というわけでもなく、フリーマーケットに毛が生えたようなガラクタや近在の商店がバーゲン品を屋台に並べたり、食べ物の縁日が並ぶ程度のもの […]

何もしない―今年の正月休み

何もしない―今年の正月休み

今年の正月程何もしないで過ごした正月はなかったかもしれない。 形成外科医であった頃は、正月も自宅に帰れず入院中の患者は必ずいたし、ともすれば正月に様態が悪くなることも少なくはなかった。消化器外科や脳外科に居た頃は、暮れ、 […]

空耳妄言29:大相撲、高校無償化、ギャンブル依存症などについて

空耳妄言29:大相撲、高校無償化、ギャンブル依存症などについて

空耳のように聞流して良いが、誰かが囁いたほうが良いような話もある 今年も、そして平成も終わろうとしているが、一体何を記憶し反省すべき年であったか、、間もなく10大ニュースが発表されるだろうから、それらが出そろったところで […]

空耳妄言28:平成を象徴するいくつかの事象について

空耳のように聞流してもよいが、誰かが囁いたほうがいいような話もある 前回はこの欄で、大義なき総選挙で安倍自公政権が大勝しそうだが、それでいいのかと書いたが、結果その通りになってしまい、いささか虚脱感に襲われていたが、その […]

空耳妄言㉖:安倍自公政権をほんとうに存続させて良いのか?

空耳のように聞流してよいが、誰かが囁いたほうがいいような話もある。 最新の世論調査では自公は300議席を上回り、自民単独過半数も余裕の勢いだという。小池の希望の党の登場で民進・自由・社民・共産の野党共闘が崩れ、かつ小池の […]

空耳妄言㉕:「希望の党」は右翼保守としての政界再編の始まりか

空耳のように聞流して良いが、誰かが囁いたほうがいいような話もある。 とてもドラマチックな1週間であった。この間の政界の流れを大局的に過去、未来を見据えて正確に解説できる人は多くはないであろうから、ここは好き勝手に井戸端会 […]

ログイン