ホームへ戻る

グルマンライフ

L`AS-東京フレンチのヌーベルキュジンヌ、揺るぎない視座を持つ兼子大輔シェフの店

前回のグルマンライフでお約束した通りL`ASに行ってきた。 土・日・祝日のみランチがあり、ディナーと同じメニュと言うのでクリニックのスタッフをお供に土曜ランチに行ってきた。 場所は、外苑西通りの南青山3丁目交差点を青山墓 […]

イートイン、テイクアウトの『RECIPIE & MARKET』ー簡便だが手抜きのない“品質へのこだわり

昨今のデパートの地下食では、有名食材店、料理店がテイクアウト商品を販売している隣でカウンター席を設けて、あるいはコーナーを作って、食事をさせるところが目立つようになってきた。それをイートインと言うらしいが、鮨であったり、 […]

オー・プロヴァンソ―秋のお祝いのスペッシャリテ

私のクリニックのスタッフが寿退社することになったので、近くの「オー・プロヴァンソー」にお祝いのスペッシャリテを頼んでおいて送別の食事会をした。 メートル・ドテルの千葉氏によれば、当日の料理はすべて現在のメニュには載ってい […]

ダイニズテーブルースノッブさと斬新さが少しも変わっていないヌーベルシノワの星

雑誌GQ10月号を読んでいたら、「GQ TASTE 話題のグルメ」として中国料理最前線という特集が組まれていたので興味深く読んだ。『の弥七』でも出て来るかと思ったが、なんと「ダイニズテーブル」が出ていた。 もう30年以上 […]

鯛のマリネとブロッコリ―のタルタル、
赤スグリのドレッシング

ル・クリスタリーヌ―光の演出の正体は?

小生も、今流行の糖質(炭水化物)ダイエットを始めて、5か月が経った。お蔭でめっきり外食の機会も減り、従ってアルコールを飲む機会も減り、酒量も一段と減った。それは年のせいもあるのだろうが、ワインなどグラスの3杯も飲めば早く […]

紀尾井町オー・プロヴァンソーの春の風物詩―白アスパラガス尽くしの献立

3月になると、紀尾井町の中野食堂、ビストロ「オー・プロヴァンソー」では恒例のホワイトアスパラガス尽くしの特別コースメニューが始まる。フランスはロワール産のホワイトアスパラガスを使うので、3月いっぱいで終わってしまう。 フ […]

金柑のおかゆ

中華の新星、荒木町「の弥七」―店主は天才料理人なのだ

 私の食の情報源である「東京最高のレストラン」2015年版、週刊文春の「切り捨て御免!食味探検隊」、尊敬するフードジャーナリスト犬養裕美子レストランガイドの3本立てで激賞されていて、行かない手はないと思いつつも同伴相手に […]

ごちゃまぜ焼き

月島ホルモン「在市」-飛騨牛で京風ホルモンを食す

 小生のホルモン好きは既に何度となく述べてきた。ホルモンといえば、昔は豚の腸や肝を串に刺して焼き鳥風に焼いたもつ焼きが主流であり、それが赤ちょうちんの焼き鳥の定番であった。  今は、ホルモンといえば、焼肉屋の牛の大腸、小 […]

京都「未在」から青山「宮坂」へ-「プリズマ」斎藤シェフ推薦の京懐石

京都「未在」から青山「宮坂」へ-「プリズマ」斎藤シェフ推薦の京懐石

プリスマの斎藤シェフがかねてより贔屓にしていて、絶対行くべきと、薦めてくれていた京都「未在」のスーシェフ(二番手板前)が青山根津美術館脇に新店を構えた。(本当は何番手であったかは定かではないが) 斎藤氏の紹介を受けて、こ […]

海老の頭

天麩羅『天真』-銀座だけではないぞ、天麩羅の名店 

 天麩羅は鮨と並ぶ、和食の雄である。  日本の男は、人に紹介できるくらいの天ぷら屋の一軒位は常に持っていないと粋とは程遠いであろう。  以前、赤坂の『楽亭』に20年以上通っていると、ここで書いたが(2013.7.6.グル […]

ログイン